これから将来の資産運用のためにお金を預金するということの習慣をつけることと準備の事を書いてみました。

お金の大切さと預金の習慣
お金の大切さと預金の習慣

お金の大切さと預金の習慣

お金の大切さは、人生の節目節目でよく感じますが、お金を貯めるということは、日本人はとても得意で、常に心がけています。それは世界的にも有名で、貯蓄率の高さは世界有数ではないかと思います。アジアの人たちは一般的にそうかもしれませんが、特に日本人は運用というよりも貯蓄の国民だと言えると思います。しかし今まではその力もなかなか発揮できませんでしたが、これからは多分金利も上がってきて、オリンピック効果などで経済環境全体が潤ってくると思いますので、益々貯蓄の効果が出てくるのではないかと思います。資産運用の基本は貯蓄にありますし、特に預金でも複利の方法を使うことができるようになれば、効果も大きくなってくると思います。以前はよく資産家になるのには不動産の活用と、複利でお金を増やしていくというのが正攻法でした。

しかしバブルが崩壊してから20年ぐらいは低金利が続いてしまいましたから、預金の効果が出てきませんでしたが、これからは預金をしながら資産を増やせるようになっていくのではないかと思います。なかなか素人が株式投資や不動産投資などをしても成功するかどうかは運次第というところもありました。やり方次第で大成功もしますが失敗もあります。しかし預金の場合は元本が無くなるほどのリスクは負いません。そして元本保証から金利次第で大きな利益も得られます。そのような時代になれば、私達資産運用の素人でも将来の投資のためにも住宅取得のためにも、老後の準備でも、だいぶ有利に預金を増やせるのではないかと思っています。東京オリンピックに近づいていけば、だんだん預金も今以上に有利になるのではないでっしょうか。

そのような時のためにも、今から預金を始めて、その習慣ををつけておくことと、その最善の自分の預金の方法を見つけておくのが良いとお見ます、以前のように銀行金利も一律ではなくなってきましたので、これからはチャンスかもしれません。

金融やお金関連のハナシは、役立つこのホームページをブックマークしましょう