ものやサービスの売買や取引にお金を持参せず、カード決済できる時代ですが、預金口座の残額管理が大事です。

お金の大切さと預金の習慣
お金の大切さと預金の習慣

お金を持参せずにカード決済できる基本条件は預金口座の残額管理

終戦直後の政治、経済、社会の混乱期であれば時には物々交換でお互いに必要とするもの同士の交換を行っていたこともありましたが、正常な政治、経済体制が機能するようになって企業等の事業が行われ、国民が平穏な日常生活を送れるようになってくると、ものやサービスの取引や売買に必然的にお金が介在する姿に戻ってきたのです。しかも、経済活動が活発化するに従い、直接ものやサービスとお金を交換する他に高額な金額の場合などは現金の持ち歩きは札束が嵩んで不安全行動にもつながるため、あらかじめ小切手や小為替を用意しておいたり金融機関にある預金口座からの引き落としや振り込みによってものやサービスと交換するシステムが急速に拡大てきました。今では現金を持ち歩かずにクレジットカード1、2枚を持参するだけで済む時代になりました。

デパートや店舗へ出かけてお金を出してものやサービスを買うばかりでなく、在宅のまま通販やネット販売による取引や売買が増加し、預金口座からの自動引き落としが増えていくはずです。経済がグローバル化し、パソコンや情報通信端末が家庭に普及し、社会の制度や仕組みが複雑化している高度情報化社会では企業等の事業活動や家庭の日常生活ではものやサービスの取引件数が今後も一層増えていくことが予想されています。最近、多くの人が多額のお金を持ち歩かなくなり、日常生活に必要なものやサービスの売買や取引でさえ、ATM等の振り込みやカード決済など、便利な方法に頼るようになっているので、金融機関を介した口座振替システムが昼夜分かたず機能していないとさまざまな活動がストップし、事業活動や日常生活に大混乱を生じかねない時代です。もちろん、このような売買や取引すべてに必要なお金を預金口座に用意しておくことがこの仕組みが機能して人、もの、お金の激しく移動する現代社会の経済活動を支えていく基本的な要件であることは当然です。

金融やお金関連のハナシは、役立つこのホームページをブックマークしましょう