お金においては、定期預金は預金の金利が高いメリットがあります。しかし満期まで引き出すことができません。

お金の大切さと預金の習慣
お金の大切さと預金の習慣

お金において定期預金は預金の金利が高い

お金をどうすると良いか悩むことがあります。よく使うのであれば、自宅の金庫やタンスに入れておけばよいです。最近は預けたとしても、引き出すときに手数料がかかることがあります。その度に、どんどん減ってしまうのです。それよりも金庫に入れておけば、そのようなことはありません。しかし、その金庫に関しては、厳重に保管しておく必要があります。たくさんおいておいて、万が一の事になってしまうと、手数料どころではないからです。

手数料が気になるのであれば金庫に入れておくことになりますが、銀行を使うのに違和感がないのであれば別の方法もあります。それは定期預金を利用する方法です。普通などに比べて金利が高くなっています。倍ぐらいであればそれほどメリットを感じませんが、10倍ぐらいになっていることがあります。普通が0.02であるのに対して、ていきなら0.2なのです。1万円の利息がつくところだと10万円になります。かなりの差になります。

定期の場合においては、基本的にはその期間において引き出しができないことになっています。どうしても解約したいときはできます。その時は、もともと設定されていた高い金利はなくなってしまい、預けた期間の普通で計算した金利がもらえることになります。予定していたよりも10分の1になってしまいます。そのようにならないために、小分けにして預けるようにすることもあります。そうすれば、満期までおいておけるものもあるでしょう。

金融やお金関連のハナシは、役立つこのホームページをブックマークしましょう