定期預金にすることで、自分の手元からお金がなくなります。そうすることで貯めることができるようになります。

お金の大切さと預金の習慣
お金の大切さと預金の習慣

定期預金にすればお金を貯めることができる

1年間でどれだけお金を貯めることができるでしょうか。まずは、1年間でどれだけ収入があるかによります。200万円の事もあれば300万円、もっと多いかもしれません。そこから使ったぶんを差し引けば良いのです。100万円から150万円ぐらい使ったとします。そうすれば最低でも50万、多ければ200万円ぐらい残ることになります。これは単純な計算になります。実際のところはそれほどうまくはいきません。もっと少ないのが現状です。

300万円の収入で100万円の支払の時、200万円差額があります。1箇月においてだいたい16万円ぐらいになります。それをそのままおいておけるかになります。おいておければためられるのですが、つい使ってしまうことが多くなります。これだけあるのだったら、飲みに行くことができます。昼食なども高いものを食べることができます。洋服を買ったり、遊びに行ったりすることもできます。結局数万円しか残らなくなってしまうのです。

そこで、定期預金にします。できるだけ満期が先のものです。1年以上先のものが良いでしょう。するとどうなるでしょうか。手元からなくなります。手元からなくなれば自分のものではない感覚になり、使えなくなるのです。少ない中でやりくりしようとします。昼食はいつもどおりワンコイン、洋服は来られるものを着る、飲みに行くのは付き合い程度で切り上げるなどになるのです。それを続けていくことで、貯めていくことができるでしょう。

金融やお金関連のハナシは、役立つこのホームページをブックマークしましょう